1月9日、10日撮影に出かけました。 撮影地は茨城県の城里町というところです。
さて9日ですが所用で出発が遅れたこともあり午後10時過の到着でした。空は快晴でわくわくしながらせっせと準備に取りかかりました。準備も完了しいよいよ撮影だと空を見上げてみると全天雲におおわれていているではありませんか!
しばらく雲の撮れるのを待ちましたが状況は悪化するばかりで、そのまま撤収となりました。(ToT)

10日は見送るつもりだったのですが、お星さんたちの「おいでおいで」の声に勝てず、ついつい出かけてしまいました。この日は透明度は良くないながらも快晴、無風で無事撮影することができました。(^^)/

まず1枚目はよく目にする撮影風景です。 一度撮ってみたかった!

<機材の紹介>
BORG77EDⅡ+F4RD
EOS KissDN改
Vixen SXD + SMARTGUIDER(ガイド鏡FC65)

 



撮影データ:EOS KissX2 f18mm F4 ISO800 30sec×13枚を比較明合成



2枚目はわし星雲に続く「赤い動物シリーズ」(なんじゃそりゃ)第2段 モンキー星雲です。(トリミングしてあります)
昨年も挑戦したのですがガイドエラーがひどくてものになりませんでした。今回も星が結構流れてしまい残念です!
この方向を撮るときのバランスでも悪いのでしょうか?  


撮影データ
BORG77EDⅡ+F4RD+LPS-P2 EOS KissDN改 ISO800 10min×4 SXD + SMARTGUIDER  



3枚目はバラ星雲です。(トリミングしてあります) 
こちらもモンキーほどではないですが星が流れてしましました。初の10分露出も報われず!
fe09a7ff.jpg


撮影データ
BORG77EDⅡ+F4RD+LPS-P2 EOS KissDN改 ISO800 10min×4 SXD + SMARTGUIDER  



4枚目はおおぐま座の系外銀河M101周辺です。迫力は全くありませんが何となく渦巻きがわかります。
赤い星雲ほどの華やかさはありませんが、この銀河までの距離が約2700万光年と思うと宇宙の果てしなさを感じます!
2b5e94c6.jpg


撮影データ
BORG77EDⅡ+F4RD+LPS-P2 EOS KissDN改 ISO800 8min×4 SXD + SMARTGUIDER  


おまけでM101を拡大してみました。 渦巻きを横切るように暗黒帯がぁ~ って、これゴミですね!




今回の遠征は、天候に悩まされたり赤道儀が突然フリーズしたりオートガイダーの接続を間違えるなどどたばた続きでしたがとても夢中になれる時間でした。 どんどん天体写真の深みにはまっていくようです。恐ろしい世界に足を踏み入れてしまいました。