2月16日はさわやか千葉県民プラザ主催の観望会が開催されましたのでその応援に行ってきました。
参加者は約60名の親子。天文教室開催前の様子です。
a8979218.jpg




言われるまで気がつきませんでしたがこの日は女の子の比率が高かったようです。
確かに上の写真を見るとそんな感じ。男子諸君も興味もってほしいなぁ~

天文教室が終わるとお隣の小学校で観望会が行われました。
この日は北風は強く、気温も低くとても寒い夜でした。でもシーイングは割と良かったですよ。
メンバー所有の大口径望遠鏡の他、施設所有のVixen80mmフローライト鏡で観望です。
私は観望会の後、撮影に行く予定でしたのでこのVixen80mmフローライトでアルマクを見てもらいました。
クッキリシャープに見える良い筒ですね。

観望会の様子。コンデジを忘れたのでiPhoneで無理矢理撮影。
78aa3ecd.jpg


中々上手く撮れんなぁ・・などとブツブツ言いながらこんなピンぼけ写真を量産していましたら突然iPhoneが真っ暗に。
何だい?と思って電源を入れ直すと”電池がありません、充電してください”の文字。
なぬーっ、電池の減りが早すぎないかい。
T-Fixさん、ぴんたんさんと遠征地のやりとりをしていたのですがこれで連絡とれなくなってしまいました。

その後、観望会は順調に進み20時過ぎをもって終了お開きとなりました。

さて、撤収終わっていざ遠征へ。
風もやや収まってきたので浮島でも大丈夫だろうと言うことで観望会でご一緒したsora-canさん、Fujimakiさんと浮島土手下でお会いしましょうと言うことで一足お先に出発。
車積の充電器でiPhoneも無事充電完了。浮島に向かう途中でT-Fixさん、ぴんたんさんは雪入に向かったと言うことを知りました。

いち早く現地浮島に到着して車のドアを開けると、
「ぶおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~~~~~~~~」
勢いの良い風の音が(汗)

湖畔では、
「ざっぷ~~ん、ざっぷ~~ん」
打ち付ける力強い波の音が(滝汗)

車の中で夕食のおにぎりを食べながら暫し待機。しかし風はそう簡単には止みそうにありませんでした。
間もなくsora-canさんも到着し、これは無理だねと言うことでFujimakiさんには中止の旨連絡。
すっかり気合いを削がれてもう帰るかと思いつつも、雪入に行っているであろうT-Fixさんに状況確認の電話をいれてみました。すると雪入は無風とのこと!
しかも珍しい方が来ているとのことで代わって電話口に出られたのは何とシュミットさんでした。
皆さんからお誘いを受けましてこれはもう行くしかないと元気を取り戻し、約30キロ北西に位置する雪入にsora-canさんと共に向かったのでした。
この時点でFujimakiさんにも連絡していれば間に合ったかな。
Fujimakiさん、ごめんなさいね~ m(_ _)m

つづく