世の中彗星祭りで大賑わいですがいまだ参加できていませんので機材ネタです。

1.乾燥空気送風装置

11月の希望ヶ丘遠征では気温の急激な変化で主鏡が曇ってしまう事態になりました。
こんなことは年に何回も有りませんが撮影データを無駄にしてしまうのは勿体ないので乾燥空気送風装置を作りました。
作り方はこちらの記事を参考にしました。 → http://ryutao.main.jp/report_drydevice.html

c4ad255d.jpg

完成した乾燥空気送風装置一式です。
左からシリカゲルを入れたプラのケース。以前使っていた金魚用ぶくぶく(AC100V)。押し入れで眠っていたDC-AC INVERTERです。
シリカゲルはAmazonでシリカゲル青というのを購入しました。送料を見ないで注文してしまい金額を後から見て総額の1/3の送料を支払ってしまったのを知ってショックでした。

工作らしい工作も有りませんでホースつなぎ用の穴をプラケースに開けた程度です。
ホースは観賞魚用のシリコン製、寒さでもあまり堅くならないのではと思います。
ホースを繋ぐパーツは以下のもので、ホームセンターのペットコーナーで手に入れました。
e3c77255.jpg


これをプラケースに穴を開けて差し込み、周りを接着剤で固めただけです。
2d4f4384.jpg


夜露対策の段ボールフードに穴を開けそこから空気を送り込むようにしました。
流石に鏡筒に穴を開ける度胸は有りません(^^;
fc0b94a0.jpg


先ほど屋外(気温8℃)にて暫く動作させた後、屋内の部屋(気温20℃)に持ち込んで動作させたところ曇りは出ませんでした。湿度が低い季節なのでこの試運転を当てにして良いかは微妙ですが、それなりの効果は有るんじゃないかと期待しています。


2.ピント合わせ用マスクの作成
以前もOHPフィルムに印刷しただけのBahtinov Focusing Maskを作りました。
お手軽な作りで良かったのですが、湿気が高いとピント合わせ中にフィルムが夜露ですぐ曇ってしまうのです。
やはり切り抜いた方が明るさも稼げると言うことで今回切り抜き版を作りました。

使った素材は100均で買ったクリアーファイルの外側部分。
d4fe6df5.jpg


厚みもそれほどでは無く加工が楽なのでこれを使いました。
こんな使い方をしてごめんなさい。ちゃんと中身は使うからね。

スリットをカッターで切り抜きます。
PPクラフトシートを円形にくりぬいて両側からサンドイッチ状態にします。
鏡筒に固定するためのスポンジ付きワイヤーステッカーを取り付けて出来上がりです
c4287fdc.jpg


スリットが細くて上手く均等には切り抜けませんでした。何とか使えることを祈るしか有りません。

今週末は遠征を予定しています。
今のところ晴天が期待できそうですので、そこで運用開始になりそうです。