最近全く撮影に行けていません。3月は完全坊主でした。 ← (一月前にも同じことを書いていた)

そんな訳で機材ネタです。
以前より主鏡に付着したゴミが気になっていたのですが何となく面倒で手を着けていませんでした。
先週末も天気が悪く撮影に行けませんでしたのでε-130Dの主鏡洗浄をしました。
昨年8月末に購入して以来、初の試みです。

主鏡セルを取り外します。
主鏡セルを外す手順はこちらに書いて有ります → 絞り環のテスト

主鏡本体を取り外します。
主鏡をセルから外すには上から押さえている3カ所の爪のネジ(各2個)を取り金属板とゴムシートを取り外し、下の画像に見える側面の芋ネジ3カ所を緩めます。
fe23ee37.jpg


主鏡はゴムシートと金属板を芋ネジで押すようにして固定されています。下の画像参照。(これ鏡の洗浄後です)
b3a372bf.jpg


芋ネジを緩めると主鏡は簡単に取り出せました。小さいので片手で持てます。
一緒に側面のゴムシートと金属板が着いてくることが有りますが簡単に剥がれます。
a83f1b77.jpg


主鏡を取り出した後のセルの様子です。
主鏡の下には順番に「透明ビニールシート2枚重ね」、「超薄めのゴムシート1枚」、「薄めのゴムシート1枚」が重ねてありました。いや~結構簡単な作りですね。鏡筒を主鏡側から見るとゴムシートが見えていますがそれが一番下の「薄めのゴムシート」になります。この「薄めのゴムシート」に強い力を加えると主鏡に直接ダメージを与えそうですから扱いには注意した方が良さそうですね。
またε-180EDのように底面から乾燥空気を送り込むことは構造的にチョイと無理なようです。
9bf2759b.jpg


さて続きです。
中性洗剤を泡立てて手の平で優しく洗います。
c27e27a8.jpg


水で洗い流した後、精製水で綺麗に流してエアーダスターで水滴を吹き飛ばしました。
あぁ・・ 綺麗にした後の写真を取り忘れました?? (^^;  (上から2枚目の画像が洗浄後でした)

外したときと逆の手順で主鏡をセルに取り付けます。

折角なのでyottyanさんが動画で公開されていた「赤い板」を作って斜鏡も確認してみました。
この方法は斜鏡のセンターマークも良く見えますし、斜鏡調整用ネジをどう動かせば斜鏡がどう動くかも簡単に分かりますので実に便利でした。
a7e5f4c5.jpg


主鏡セルを鏡筒に戻して主鏡側の光軸調整をして終了でした。

折角主鏡も綺麗になりましたので早く撮影してみたいのですが
明日の天気に期待していたのに何だか予報は微妙ですね~ トホホ・・

<おまけ>
今後の発展性なども考えてオフアキシステムを導入しました。
bb9e6015.jpg


一応バックフォーカスを合わせピントが出ることは確認しましたが細部の詰めはこれからです。
こちらの詳細はまた後日です。
上手くいくんだろうか? (汗)