10月25日 雨上がりの城里まで遠征してきました。

22時前の現地到着時はやや雲が残っていましたが機材設置とともに快晴に。予報では朝まで晴れが続くということで北天の銀河を狙う予定でした。
しかし、導入が済んでいざ撮影という段階になって白いモヤモヤしたものがじわじわと押し寄せてきて辺り一面覆い尽くしました。
この地は風が吹かない分、霧が発生しやすいのです。そよ風吹いては消えてまたモクモクを繰り替えし思うように撮影させてもらえません。しばらくふて寝しても相変わらず状況は変わらないので撤収しようかと空を見渡すと南天方面は何故か霧の影響が少なくいつも星が見えています。南天は光害で明るいのであまり撮る気はなかったのですが明るめの星雲ならなんとかなるかと、急遽オリオン方面に筒を向けました。

Running Man Nebula
33e525b9.jpg

撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.75×
ガイド:BORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2によるオートガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:Nikon D810A
露出時間:10分×15枚 ISO1600
撮影地:城里 気温8℃


オリオン座の大星雲(M42)と共に撮影されることが多いお馴染みの星雲です。
明るめの星雲なので空の状態があまり良くなくてもそれなりに写ってくれました。
霧の影響が多少有ったのか星がやや滲んでしまったかもしれません。
暗部はややざらつき気味ではありますがガスの入り乱れる様子はよく分かるのではと思います。