初ナローです^^

今年の春先にナローバンドフィルターを仕入れて撮影の準備だけはしていたのですが中々タイミングが合いませんで、先日10月1日にようやく撮影にこぎつけることができました。

濃い霧を数時間眺めて撤収した”9.22失意の城里遠征”のリベンジに近場にでもプチ遠征したかったのですが、予定が詰まっていたのと自宅付近が風もなく割と条件が良さそうでしたので自宅の庭で撮影することにしました。
でも庭なので周囲に家やら木やら障害物がたくさんありまして視界が極端に狭いのです。はくちょう座あたりには北アメリカやペリカンなどナロー映えしそうな対象がたくさんあるのですが、障害物に遮られてNG。南中付近で4~5時間程度撮影できそうで比較的明るめな対象ということで今回はハート星雲を選びました。

ハート星雲(SAO合成)
sao_0012


撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M  PHD2 Dithering Guide
架台:Vixen AXD
カメラ:SXVR-H18 -15℃
フィルター:Astrodon Ha , SⅡ, OⅢ 5nm
露出時間:Ha 10min×18 , SⅡ 10min×6 , OⅢ 10min×6  (TOTAL 300min)
撮影地: 庭


カシオペア座にあるおなじみの星雲です。
昨年星ナビに連載されていた、ぴんたんさんの記事を参考に処理してみました。
正直処理するまでは自宅環境で撮影した画像がここまでになるとは思っても見ませんでした。
都内に比べれば良いとは言え結構な光害地なので写ったとしても薄っすら程度かと思っていましたが・・・
しかも明るい撮影地だと光害カブり処理は避けて通れない筈なんですがそれも必要ないとは!
特定の波長しか通さないナローバンドフィルターの威力は凄いものだと実感しました。

とは言え課題も色々ありますね。
技的なものも含めて少しずつ習得していこうかと思います。