M1 AOS合成

AOS2_009_cm_sd_

前回ブログアップ時はSAO合成したものでしたが、今回はぴんたんさんのコメントを受けてAOS合成で!
雰囲気変わりますね。
それといーぐるさんからPIのDeconvolutionをかけるとフィラメント構造がより鮮明になるというコメントを頂いたので試しに弱めにかけてみました。
確かに効果はありますね。ただ星周辺にリンギングが出来たり画像へのダメージが大きい場合があるのでパラメータの設定は中々難しいです。




クリスマスツリー SAO合成
_209_DBE_印刷

撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2 Dithering Guide
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -25℃
露出時間:SⅡ 10min×20  ,  Hα 10min×29  ,  OⅢ  10min×20 (TOTAL 690min)
撮影地: 庭

こちらは昨年末の12月29日、30日に自宅で撮影しました。
星雲の構造がよく分かるのはナローならではでしょうか?
ただ自分の稚拙な処理もあって色合いは・・・う~ん微妙な感じです^^;