4月6日は房総方面に遠征でした。
現地にはぴんたんさん、T-Fixさん、sora-canさん、まーちゃるさん、mdhn1999さん、ひろたろうさんと総勢7名が大集合。賑やかな遠征となりました。
日中は気温が高く夜もそれほど冷え込みませんでしたので割と過ごしやすい一夜でした。

撮影風景
久しぶりに2台体制で望みました。
Mewlonで南天の銀河、カメラレンズで夏の星雲を撮影しようと目論んだわけですが、この日の空は霞がかかったような眠い空でしかも時折霧状のものが流れてくるなど条件はあまり良くありませんでした。
カメラレンズの方は元画像を見た瞬間、こりゃ容易じゃないよねと言うのがわかりましたのでひとまず見ないことにして、まずはMewlonで撮影した銀河を処理しました。


M61
111

撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73✕
ガイド:BORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -20℃
露出時間:L 10min✕20   , R10min×3 , G10min×3 , B10min×3 
撮影地:いすみ市


おとめ座にあるフェイスオンの銀河です。
眠い空でしたので周辺の腕は難しいかと思いましたが何とか出てくれました。
撮影中のガイドグラフは非常に良好でしたので中心部の渦構造が出てくれると思っていたのですが、期待した程のシーイングではなかったのか処理がいまいちなのか思惑とは違ってしまいました。
カメラレンズの方はゴミ箱行きの可能性が高いので、こちらをもう少し手を加えてみることにします。


トリミング版
111_c