今月発売の星ナビ8月号に自宅で撮影した「ヘルクレス座 Abell39」が掲載されました。

Abell39_

作例も色々ありまして空の良いところだとRGBでも綺麗に撮れるようですね。自宅環境なのでOⅢフィルターに頑張ってもらいました。本来、星も美しいところなのでRGBで星色を出そうと試みたのですが思ったほど色はのらず、やや残念な感じでした。時間をかければもう少しなんとかなるのだろうか?
惑星状星雲自体は割と地味系で雑誌映えしないし投稿はどうしたものかと考えていたのですが、星ナビさんは自宅撮りや昨年の再処理版も歓迎というのを知りまして、昨年の再処理版と共に応募してみたところ運良くこちらが掲載されました^^
見開きページはどの作品も庭撮りか昨年の再処理(hanaさんの凄いガム)でしたのでうまいこと潜り込めたようですね。

この作品後は中々撮影機会がありません。
今年は本格的な梅雨空なので、まだしばらくは我慢の日々です。