天文ガイド3月号に昨年末に撮影した「Sh2-280 SAO合成」が掲載されました。

予想以上に淡い対象で自宅環境で撮り始めたことを半ば後悔しながらの撮影でしたが、意地を張って3日間かけた甲斐がありました^^

<Sh2-280 気分を変えて横向きで>

SAO_2bin_005_cm_横

この作品は昨年末に新たに導入したカメラASI294MM PROで撮影したものです。
このカメラの情報をwebで漁ってみましたら、どうも盛大にムラが出ると各所にて報告されています。
実は自分のカメラも同様にムラが盛大に出ていまして、特にHαフィルターで顕著でした。Chroma社製のフィルターが原因かと思っていたのですがどうもそうでは無いようですね。
幸いにもフラットで綺麗になるので良いのですが初めて目にしたときにはちょっと萎えてしまいます。

Hαの元画像です。アンプグローとセンサーのムラ?でこんな具合です。
元画像

処理する気が失せるような元画像ですがFlatAide ProのバッチキャリブレーションでBias,Dark,Flat,シェーディング画像を使って処理すると下の画像のように綺麗に仕上がります。
Sh2_280_Ha

処理方法は色々あると思いますのでこれは一つの参考例としての紹介です。
やや癖の強いカメラですが高解像度は魅力的なのでうまいこと使って行けたらと思います。