相変わらず暑い日が続きます。
晴れたら撮影しようと機材は庭にスタンバイしているのですが、夜は晴れが続かない我が家周辺です。そんな中でも梅雨明け後から何夜かチャンスが有りまして、夏の星雲を幾つか撮影することができました。
その中からはくちょう座の星雲3作です。何れもナローバンドのAOO合成です。

NGC6888(Crescent Nebula)AOO合成
008_50
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2 デイザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI294MM PRO 0℃
フィルター:Chroma  31mm    Hα,OⅢ  3nm
露出時間:  Hα 5min✕58(1×1bin)  ,  OⅢ 5min✕66(1×1bin)   (total  620min) 
撮影地:庭

三日月星雲と呼ばれる惑星状星雲とその周辺です。今までこの対象を意識して撮影したことがありませんでしたので初撮影の領域でした。明るい鏡のおかげで惑星状星雲の様子や周辺のガスもそれなりに出てくれたのではと思います。よく見るとSoap Bubble 星雲も写っていたのは中々の感動です^^(中央やや下左端あたり)



NGC6960(Veil Nebula)  AOO合成
009
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2 デイザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI294MM PRO 0℃
フィルター:Chroma  31mm     Hα,OⅢ  3nm
露出時間:  Hα 5min✕39(1×1bin)   ,  OⅢ 5min✕55(1×1bin)  (total   470min)
撮影地:庭


網状星雲の西側です。ブロードバンドでは何度か撮影していますがナローではお初です。
明るい対象なので光害地でもとても良く写ります。色もカラフルで絡み合うガスの様子も妖しくてさすがナロー映えする対象だなと感じます。


NGC7000(North America Nebula) AOO合成
6_3000
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+QHY5Ⅲ290M PHD2 デイザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI294MM PRO 0℃
フィルター:Chroma  31mm    Hα,OⅢ  3nm
露出時間:Hα 5min✕24(1×1bin)   ,  OⅢ 5min✕23(1×1bin)  (total 235min)
撮影地:庭

こちらもド定番の北アメリカ星雲です。やはりナローでは初撮影となります。
あまり時間はかけられませんでしたが大型で明るい対象なので空の悪さも何のそのですね。


はくちょう座付近は散光星雲も豊富で「ナローで撮影したいリスト」に沢山の対象が登録されているのですが全然消化できません^^;