新しい年になりましたが昨年撮影した対象を処理しました。
主鏡掃除で赤道儀から鏡筒を降ろした25cmミューロンの代わりにε-130Dを載せました。
13cmイプは軽量コンパクトで使いやすい良い鏡筒です。
長い夜と良い天候のおかげで12月は淡もの月間になりました。


Sh2-223,Sh2-224 
203
撮影鏡:ε-130D
ガイド:コ・ボーグ36ED+ASI120MM mini PHD2
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -20℃
フィルター:Astrodon SⅡ,Hα,OⅢ 5nm
露出時間:  Hα  10min✕63  , OⅢ 10min✕96(TOTAL 1590min)
撮影地:庭


ぎょしゃ座にある超新星残骸のSh2-223(右)、Sh2-224(左)です。AOO合成です。
淡いには淡いですが我が家の明るい空でもHαは1枚画像でも存在が確認できました。
前回撮影のHDW3やSh2-200は1枚画像で存在不明でしたので、存在が確認できただけで何とかなるんじゃないって気になっていました。もう完全に麻痺状態ですw
ただOⅢは何枚重ねてもシミ程度にしかならないのは悲しいところです。Sh2-224はOⅢが乗るととても綺麗なんですけどね。
色々不満点はありますがこの対象をまさか庭で撮る日が来るとは思ってもいませんでしたので撮影できただけでもありがたやです。


<天文ガイド2月号掲載>
今月発売の天文ガイド2月号に「カシオペア座 Sh2-200」が掲載されました。

006

これも超絶淡い対象でした。地味なので紙面でも地味~に載ってましたw
処理は意外と面倒だったので採用されてこちらもありがたやです。