1月6日の雪以降は乾燥した晴天の日が多い千葉県北西部です。
月が徐々に大きくなって行くこの時期ですが庭撮りナローに休む暇は有りませんw

今回は初撮影の惑星状星雲です。
訳も分からず手を出した対象は超淡物でした^^;


Purgathofer-Weinberger 1 (PuWe1)  - HOO
5
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73x

ガイド:miniBORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2 ディザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:QHY16200A -20℃
フィルター:Astrodon  SⅡ,Hα,OⅢ 5nm
露光時間: Hα:10min✕124  , OⅢ:10min✕107  TOTAL  2310min
撮影地:庭


やまねこ座にある惑星状星雲です。
惑星状星雲は小さなものが数多くある中、見かけの大きさが満月程あるというこいつは中々の大物です。
大きいのですがとてもとても淡い星雲です。Hαはある程度写りますがOIIIは微かなシミのようです。
作例を見るとOIIIモリモリの画像もありますのでせめてOIIIは月の小さい頃に撮るべきでしたね。
更に露光を重ねたいところでしたが冷却CCDの絶不調により断念となりました。
まぁ、度々ストライキをおこすカメラなんですけどね。最近酷使し過ぎていたから機嫌をそこねたかな?