昨年末に3日ほどかけて撮影しました、オリオン座の散光星雲です。

Sh2-252(Monkey Head Nebula)

501_C
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73×
ガイド:miniBORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2 ディザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI6200M PRO -20℃ 、 Nikon D810A(星)
フィルター:Astrodon  SⅡ,Hα,OⅢ 5nm
露光時間: SⅡ:5min✕73 ,  Hα:5min✕73 , OⅢ:5min✕90    TOTAL 1180min
撮影地:庭


2017年にデジカメで撮影して以来の対象になります。
今回は自宅庭ということでナローバンドで撮影しSAO合成しました。
180度回転してもお猿の横顔風に見えるのですが、孫悟空のようなこの感じも捨てがたいです。

星色に2017年に撮影した画像を使ってみまたのですが、10分露光で飽和気味の星はナローで撮ったものとそれほど変わらずちょっとトホホな結果でありました^^;

この星雲、デジカメで撮影していたときは単調な感じであまり面白みを感じませんでしたが、意外と構造豊富でそそられる部分がありますね。
特に右端構造はとても良さげで来季はこの部分の拡大を狙いたいところです。