暑いです!5月なのに連日の30℃超えは堪えます。この夏はどうなってしまうのだい?

夜のお天気も不安定で晴天の続く時期ではなくなりましたのでデータを集めるのも大変です。
しかも透明度も落ちてモヤッとした夜空が多いので今一つ気合が入りません^^;

3月から5月上旬にかけて撮影した銀河たちです。

おおぐま座 M109
2001
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73×
ガイド:miniBORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2 ディザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI294MM PRO -10℃
フィルター:Chroma  R,G,B,Hα 31mm    ,   Astronomik ProPlanet 642 BP IR 31mm
露光時間: R:3min✕40 ,  G:3min✕40 , B:3min✕44 , IR:3min✕155  総露光時間837min(13時間57分)
撮影地:庭
 
おおぐま座の銀河M109で初撮影です。M天体の中では暗い方だそうですがこれの前に撮影したNGC3184がかなり暗い印象でしたので思ったより明るいじゃないかと言うのが第一印象。
立派な腕が巻き付いていて均整のとれた美しい銀河でした。


かみのけ座 NGC4725
4 のコピー
撮影鏡:Mewlon-250CRS CR0.73×
ガイド:miniBORG45EDⅡ+QHY5Ⅲ290M PHD2 ディザガイド
架台:Vixen AXD
カメラ:ZWO ASI294MM PRO -10℃
フィルター:Chroma  R,G,B     ,   Astronomik ProPlanet 642 BP IR 31mm
露光時間: R:3min✕40 ,  G:3min✕39 , B:3min✕40 , IR:3min✕131  総露光時間 750min( 12時間30分)
撮影地:庭

かみのけ座の銀河です。
この銀河を入れた広範囲をε130Dで以前撮影しましたが25cm Mewlonでの拡大撮影は初めてです。
銀河中心部の明るい部分は割りと容易に写りますが周辺の腕はやや淡いです。出るには出るけど荒れてしまうので抑え気味にしました。これが美しく出てくれると格好良いのですけどね。次回はもう少し条件の良い夜空で撮ることにしよう。